定 期 大 会

平成28年度 定期大会-終了しました-
2016年8月8日(月)~10日(水)
就実大学・就実短期大学キャンパス(岡山県岡山市)

地 方 大 会

第49回 地方大会(沖縄)-終了しました-
2017年2月4日(土)・ 5日(日)
沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市)

ICC2017

International Cartographic Conference 2017
2017年7月2日(日)~6日(木)
アメリカ合衆国・ワシントン

平成29年度通常総会のご案内

会則25条にもとづき、平成29年度通常総会を下記の通り開催いたしますのでご出席ください。下記以外の議論を提出する場合は、会員10名以上の賛成を得た上で、5日前までに会員に通知できるようにしなければなりませんので、ご注意ください。

日 程:平成29年2月18日(土)午後3時より
会 場:東京大学駒場リサーチキャンパス 生産技術研究所 An棟3F大会議室(An301・302) (東京都目黒区駒場4-6-1)
会場までのアクセス
小田急線/千代田線 東北沢駅(小田急線各停のみ)より徒歩8分、代々木上原駅より徒歩12分
京王井の頭線 駒場東大前駅(各停のみ)より徒歩10分
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html

A. 議事(15:00-15:50)
1.学会賞授与
2.平成28年度事業報告及び収支決算報告
3.平成28年度会計監査報告
4.平成29年度事業計画及び予算
5.第28期(平成29~30年)会長・会計監査・評議員の選出
6.名誉会員の推薦
7.その他

B. 休憩(15:50-16:15) (第2回評議員会、場所:An403)

C. 平成29年度野村正七地図賞受賞記念講演(16:15-17:15)
西川 治(東京大学名誉教授,日本地図学会名誉会員)
『世界史を拓く地図資源』

※東大駒場第1キャンパスではありませんのでご注意ください。
※車でのご来場はご遠慮ください。
※総会終了後、懇親会を開催いたします。(当日受付)

第49回地方大会のお知らせ(第2報)

琉球の地図 近代の実測図「伊能図」と「琉球国之図」

日 程:平成29年2月4日(土)・5日(日)
会 場:沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市おもろまち三丁目1番1号)
    http://www.museums.pref.okinawa.jp/guidance/access_price/index.html
那覇空港から会場までのアクセス
沖縄都市モノレール(ゆいレール) 「おもろまち駅」下車 徒歩10分
バス99番線 「おもろまち3丁目」下車 徒歩5分
バス120番線 「上之屋」下車 徒歩10分
タクシー 博物館・美術館まで 所要約30分
共 催:沖縄県立博物館・美術館
後 援:沖縄県教育委員会(申請中)

地方大会の概要

平成29年度地方大会を沖縄県立博物館・美術館との共催で特別展「沖縄の地図」に合わせて開催します。奮ってご参加ください。

2月4日(土) 午前10時から午後5時まで
巡検 「印部石訪問と間切図との現地対比見学会」
案内者:安里 進 氏(前沖縄県立博物館・美術館館長)
参加費:4,000円(貸切バス代) + 昼食代1,000円
定 員:20名(日本地図学会会員を優先します)
集合9時30分 県立博物館大型バス駐車場 出発10時
見学コース: 午前10時 県立博物館 → 浦添 → 世界遺産 中城(昼食) → 具志川 → 県立博物館 午後4時30分 帰着

懇親会:琉球浪漫 沖縄の台所 「ぱいかじ」 費用 5,000円 (食事代とお飲み物を含む)

2月5日(日) 午前10時から午前11時まで
解説付き特別展の見学会 沖縄県立博物館・美術館見学 特別展「沖縄の地図」展の見学
案内者:石垣 忍 氏(主任学芸員)、崎原恭子 氏(主任学芸員)
博物館・美術館 入場受付に10時集合してください。
20名限定:日本地図学会会員を優先します。
入館料410円+特別展料金が必要です。

2月5日(日) 午後1時から午後4時30分まで
講演・シンポジウム 「琉球・沖縄の地図」
会 場:沖縄県立博物館・美術館 ホール
定 員:200名
資料代:1,000円(学生・65歳以上は無料)

プログラム
特別講演 「琉球地図の系譜」 13:10~14:00
安里 進 氏(前沖縄県立博物館・美術館館長)

研究講演 「伊能図研究から見た琉球図」 14:00~14:30
星埜 由尚 氏(元国土地理院院長、伊能研究会)

休憩 14:30~14:40

シンポジウム 「琉球・沖縄の地図」 14:40~16:25
パネリスト
鈴木 純子 氏(元国立国会図書館 地図室、伊能研究会、日本地図学会評議委員)
今井 健三 氏(元海上保安庁 海洋情報部、日本地図学会評議員)
今村 遼平 氏(アジア航測株式会社)
今尾 恵介 氏(地図エッセイスト、日本地図学会評議員)
輿那覇 里子 氏(沖縄タイムス 記者、オキナワアーカイブ)

司会進行:太田 弘(慶應義塾普通部、日本地図学会評議員)

講演会・シンポジウムのご案内(PDF形式)

本講演会・シンポジウムに関する問い合わせ先
下記まで電子メールで参加者氏名をお知らせください。
集会担当委員 太田 弘 mapota@keio.jp または、学会事務局(伊藤) gakkai@jmc.or.jp

第49回地方大会のお知らせ(第1報)

テーマ:琉球の地図

日 程:2017年2月4日(土)・5日(日)
会 場:沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市おもろまち三丁目1番1号)
    http://www.museums.pref.okinawa.jp/guidance/access_price/index.html
共 催:沖縄県立博物館・美術館

地方大会の概要

沖縄県立博物館・美術館との共催で、同館特別展「琉球・沖縄の地図展」の開催に合わせて実施します。

2017年2月4日(土)
巡検(終日) 10:00~17:00
「印部石訪問と間切図との現地対比見学会」
案内者:安里 進 氏(元沖縄県立博物館・美術館館長)ほか
定 員:20名程度※下記連絡先宛てに要予約
参加費:貸切バス代として4,000円を予定
懇親会(那覇市内) 18:00~

2017年2月5日(日)
沖縄県立博物館・美術館見学、特別展「琉球・沖縄の地図展」 10:00~12:00
※入館料410円+特別展料金が必要です。
研究会(同館にて) 13:00~17:00
「記念講演:琉球地図の系譜(仮題)」
安里 進 氏(元沖縄県立博物館・美術館館長)
記念講演のほか、関係講演を予定

巡検申込み及び地方大会問い合わせ先
下記まで電子メールで参加者氏名をお知らせください。
集会担当委員 太田弘 mapota@keio.jp または、学会事務局(伊藤) gakkai@jmc.or.jp

第205回例会 「G空間EXPO2016 シンポジウム」のお知らせ

テーマ:地図の歴史とG空間時代のデジタル地図 ―アナログ地図にできること、デジタル地図がすべきこと―

日 時:2016年11月26日(土)14:30-16:30
場 所:日本科学未来館(G空間EXPO会場)7階会議室1
    http://www.g-expo.jp/access/

シンポジウムの概要

地図調製や地図製作にかかわる普遍的技術の歴史を振り返りながら、その成果として世に送り出してきた、アナログ地図、デジタル地図それぞれの価値と有効性について語り、国際的な動向を踏まえて、G空間時代の地図のあり方を展望する。

司 会:森田 喬(日本地図学会会長・法政大)
パネリスト:稲垣 秀夫(国土地図㈱) 木庭 圓成(㈱国際地学協会) 五十鈴まゆみ(㈱マプコン) 廣瀬 典和(㈱ヤフー)  齊藤 忠光(マップショップ㈱) ほか

International Cartographic Conference 2017(ICC2017)

併設地図展およびバーバラ・ペチュニク子ども地図展のご案内

2017年7月2日から7日までの間、International Cartographic Conference 2017(ICC2017)が、アメリカ合衆国ワシントンにおいて開催されます。ICCに併設される地図展および、バーバラ・ペチュニク子供地図展の出展申し込みのご案内をお知らせいたします。

申し込みについて

◎ICC併設地図展への出展
日本地図学会が取りまとめ、地図展に出展いたします。出展にはICC公表のガイドラインに沿う必要があります。下記リンクの内容をご確認の上、平成28年(2016)12月27日(火)までに事務局宛へお送り下さい。

ICC2017併設地図展出展のご案内(PDF形式)※ICC公表のガイドラインへのリンクもこちらにあります。
ICC2017併設地図展出展申し込み用紙(xlsx形式)

◎バーバラ・ペチュニク子ども地図展への出展
出展希望の方は事務局まで作品をお送り下さい。下記リンクの内容をご確認の上、平成29年3月10日(金)までに事務局宛へお送り下さい。

バーバラ・ペチュニク子ども地図展作品募集のお知らせ・応募要項(PDF形式)

平成28年度定期大会開催のお知らせ

来たる平成28(2016)年8月8日~10日、平成28年度定期大会を就実大学・就実短期大学キャンパスにおいて開催致します。チュートリアル、通常の口頭・ポスター発表、「地図・図書展」の他、大会に参加した学会員の投票によって選出される「第9回地図展優秀地図選定」も実施されます。定期大会、地図・図書展は、会員以外の方もご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。

日 時:8月8日(月)~10日(水)
場 所:就実大学・就実短期大学キャンパス 〒703-8516 岡山県岡山市中区西川原1-6-1
    http://www.shujitsu.ac.jp/daigakuannai/daigakuannai_access/2289.html
大会参加費
普通会員・特別会員団体構成員:2,000円
学生会員:1,000円
非会員:3,000円

※ 参加費には発表論文・資料集代も含まれます。定期大会に参加されず、発表論文・資料集の購入を希望される会員には、一冊700円(送料込)で頒布します。
※ 3日間ともに地図・図書展示の見学は無料です。
※ 8日開催のワークショップ・チュートリアル、並びに9日開催のワークショップも原則無料です(ただし、資料代等の実費を頂戴する場合があります)。
※ 懇親会費は5,000円となります。

平成28年度定期大会のご案内・プログラム(PDF形式)

・チュートリアル・ワークショップ(8日午後、9日午後)
・特別講演、シンポジウム、特別セッション(9・10日)
・特別会員セッション(特別会員の団体・企業の製品や新しい取り組み、展示に関する紹介。1件当たり10分以内の口頭発表;9日)
・研究発表(口頭発表、ポスター発表;9・10日)
・地図等の展示(8日午後~10日)、懇親会(9日)、評議員会(9日)

発表申し込みについて

◎シンポジウム、特別セッションの企画募集
定期大会のシンポジウム、特別セッションの企画を公募します。提案される代表者の方がとりまとめて、テーマ、趣旨(200字以内)、発表者名、発表題目を電子メールか郵送にて5月20日(金)までに事務局宛へお送り下さい。「定期大会発表論文・資料集」の原稿は、5月31日(火)までに代表者の方が全員分をまとめて提出して下さい。
◎地図・図書展示の出展募集について
出展希望の方は事務局までお申し出下さい。「定期大会発表論文・資料集」掲載用原稿は、5月31日(火)を締切りとします。詳細は、下記リンクの定期大会併催「地図・図書展」の出展目録作成・提出についてをご参照下さい。
◎一般研究発表の申し込み
研究発表、特別会員セッションでの発表を希望される方は、下記リンクの申し込みに必要な記入事項をご参照の上、学会事務局にお申し込み下さい。
研究発表の申し込みと「定期大会発表論文・資料集」の原稿を同時に受け付けます。締切りは、5月31日(火)(必着)です。発表希望者は、申し込みに必要な記入事項についてのメモと「定期大会発表論文・資料集」の原稿を、事務局宛てに電子メールの添付ファイルで送信するか、郵送で提出して下さい。

平成28年度定期大会案内・発表申し込み要領(doc形式)
定期大会併催「地図・図書展」の出展目録の作成・提出について(doc形式)
投稿用テンプレート(doc形式)
投稿サンプル(doc形式)
                         

第204回例会 「中国の地図の発達と世界観」のお知らせ

第204回例会を日本大学文理学部において開催致します。

日 時:6月11日(土)16:00-17:30
場 所:日本大学文理学部 3号館 3508教室
共 催:(一財)地図情報センター、日本大学地理学会
講 演:「中国の地図の発達と世界観」
講演者:今村遼平(元・アジア航測株式会社)

第203回例会 「IMY記念行事 共同ワークショップ」のお知らせ

テーマ:世界の地図を見て、考え、地図文化を語ろう

日 時:4月23日(土)13:00-16:00(午後12時半より受付開始)
場 所:東京大学 柏図書館 コンファレンスルーム
    http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/
共 催:日本地図学会(地図史料・地図アーカイブ専門部会、地図用語専門部会、Map Use & Sub-Cartography 専門部会、ユビキタス・マッピング専門部会)
    東京大学 空間情報科学研究センター(CSIS)
    東京大学 柏図書館
参加費:無料、定員:先着40名、参加資格:どなたでも参加できます
申込方法:氏名・所属などを記入の上、map-archive@csis.u-tokyo.ac.jp宛に、E-mailで事前に申し込みください。ただし、定員に達し次第、受付を締め切ります。

ワークショップ開催の趣旨

 これまで、日本地図学会が管理していた外国から提供を受けた地図約2,000図が今年3月に東大柏図書館に移管されて管理されることになりました。それらの地図類の主体は「1980年国際地図学協会(ICA)東京大会・国際地図展に出展された貴重な世界各国の地図約1,200図です。今回は、この移管された地図のお披露目を兼ねて、日本地図学会・東大CSIS・東大柏図書館との共同ワークショップを開催し、日本地図学会の地図専門家がそれらの地図を解説し、地図に関心をお持ちの地域を含めた多くの方々に、約40年前の世界の地図のコレクションを見て頂き、地図の表現、魅力、そして未来への活用について考え、語る、という趣旨で開催いたします。
 加えて、今年は国連専門家委員会(UN-GGIM)が支援する国際地図年(IMY: International Map Year 2015-2016)にもあたり、各国国内で「地図とそれが世界で果たしている独自の役割を世界中で祝う期間」中でもあり、広く地図の役割や、発展を知ってもらう良い機会とも一致します。本ワークショップは、日本におけるIMY活動の一環として、地図の重要性、あり方、活用方法、教育・訓練、文化、アート、産業、技術、環境応用、防災応用、平和応用、未来計画への活用などに関して深く考える場と位置付けます。


プログラム概要

(1) 日本地図学会寄贈の地図アーカイブの概要説明と特徴紹介
  ・地図の各国比較、古今比較、アナログとデジタル(発展・劣化の歴史)
(2) 実物の世界の地図を見ながら、地図の専門家による解説
(3) 総合討論
  ・地図遺産の意義、未来(文化、環境、防災、都市計画、国際問題)への活用方法

講師

鈴木純子、今井健三、太田 弘、森田 喬、有川正俊、他

平成28年度総会のお知らせ

来たる平成28(2016)年2月27日、平成28年度総会を東京大学駒場リサーチキャンパスにおいて開催致します。総会終了後懇親会を開催いたします。

日時:平成28年2月27日(土)
場所:東京大学 駒場リサーチキャンパス(第二キャンパス)
   生産技術研究所 An棟 3F 大会議室(An301・302)
   (東京都目黒区駒場4-6-1)
   
http://www.openstreetmap.org/way/27407462

小田急線/千代田線 東北沢駅(小田急線各停のみ)より徒歩8分、代々木上原駅より徒歩12分
京王井の頭線  駒場東大前駅(各停のみ)より徒歩10分

※車でのご来場はご遠慮ください。
※総会終了後懇親会を開催いたします。(当日受付)

A.議事(15:00~15:50)
 1.学会賞授与
 2.平成27年度事業報告及び収支決算報告
 3.平成27年度会計監査報告
 4.平成28年度事業計画及び予算
 5.その他

B.特別講演(16:00~17:00)
「地図とともに半世紀―地図教育、地図投影法、地形図、山岳展望、富士山」
田代 博(一財)日本地図センター常務理事

(概要)
小学校5年生の時に完璧な地図を作りたいと思い立ちました。それはできないことでしたが、高校地理の教員になり、地図と山岳展望(富士山)を車の両輪として活動してきました。アナログからデジタルへの移行期であり、ささやかな体験しかありませんが、現場の教員による「地図の現代史」の一端を述べたいと思います。あまり目に触れることの無い資料や、もしかしたら刺激的な見解、富士山に関しては珍しい写真、画像もご紹介いたします。

平成27年度定期大会開催のお知らせ

来たる平成27(2015)年8月5日~7日、平成27年度定期大会を日本大学経済学部において開催致します。平成26年度初めて開催し好評を博したチュートリアルを、今年度も実施致します。通常の口頭・ポスター発表、「地図・図書展」、さらには恒例となりました、大会に参加した学会員の投票によって選出される「第8回地図展優秀地図選定」も実施されます。定期大会、地図・図書展は、会員以外の方もご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。

日 時 : 平成27(2015)年 8月5日(水)~7日(金)
【 5日(水) 13:00~17:10, 6日(木) 10:00~17:30,7日(金) 10:00~17:00 】
会 場 : 日本大学経済学部 本館3階
大会参加費 :普通会員・特別会員団体構成員:2,000円
       学生会員:1,000円
       非会員:3,000円
参加申し込みページ : 申し込みフォーム

※ 参加費には発表論文・資料集代も含まれます。定期大会に参加されず、発表論文・資料集の購入を希望される会員には、一冊700円(送料込)で頒布します。
※ 地図・図書展示のみの見学は無料です。
※ 5日に開催されるチュートリアル・ワークショップへの参加も原則無料です(ただし、資料代等の実費を頂戴する場合があります)。
※ 懇親会費は5,000円の予定(あらためて大会受付にてご案内します)。

平成26年度定期大会開催のお知らせ

 来たる平成26(2014)年8月6日~9日、平成26年度定期大会を東北地理学会・地理情報システム学会東北支部・東北大学大学院情報科学研究科との共催、仙台市中学校社会科研究会の後援で東北大学片平キャンパスにおいて開催致します。 初日の8月6日午後には、大会初の試みとして4つのチュートリアルを開催致します。7日・8日には、通常の口頭・ポスター発表、「地図・図書展」はもちろん、東北大学ゆかりの「田山利三郎博士」に関する特別セッション、「防災教育のための地図教材」に関するワークショップ、「東日本大震災と復興」に関するシンポジウムなどの企画が目白押しです。 恒例となりました、大会に参加した学会員の投票によって選出される「第7回地図展優秀地図選定」も実施されます。 定期大会、地図・図書展は、会員以外の方もご参加いただけます(事前登録不要)。 みなさまのご参加をお待ちしています。

日 時:平成26(2014)年 8月6日(水)~9日(土)
    【 6日(水) 13:00~17:30, 7日(木) 10:00~19:30,8日(金) 10:00~17:00, 9日(土) 巡 検 】
会 場:東北大学片平キャンパス(片平さくらホール・エクステンション教育研究棟6階講義室A )
大会参加費 :普通会員・特別会員団体構成員:2,000円
       学生会員:1,000円
       非会員:3,000円
※ 東北地理学会,東北大学大学院,GIS学会,仙台市中学校社会科研究会の会員・学生の方は上記の普通会員・学生会員と同じ金額です。
※ 参加費には発表論文・資料集代も含まれます。定期大会に参加されず、発表論文・資料集の購入を希望される会員には、一冊700円(送料込)で頒布します。
※ 地図・図書展示のみの見学は無料です。
※ 6日のチュートリアルへの参加も原則無料です(ただし、資料代等の実費を頂戴する場合があります)。
※ 懇親会費は5,000円程度の予定。

© Japan Cartographers Association.